成功の工夫

ヘルメットを持つ男性

不動産への投資は安定していると言われることが多いですが、そう言われる理由は入居に関しての初期費用が高いからだと考えられます。たとえば、オフィスに入居するためには賃料の半年分くらいの保証金が必要になるケースも多いですし、賃貸マンションでも敷金や礼金などの負担が大きいですから、簡単に移転できません。そのためにある程度は安定しているのですが、長期的に見れば必ずしも安定しているとは言えないでしょう。安定させるためには工夫が必要で、物件に常に魅力的なものに保つことが必要です。こうすれば入居率の低下は避けることができます。そのためにはコストをかけなければなりませんが、それをしていれば不動産への投資はメリットが大きいです。

不動産へ投資をするのなら、価格のトレンドは知っておかなければなりません。知っていても未来を予想することはできませんが、短期的にはある程度予測がつくでしょう。では、不動産の価格はどのように変化しているのかと申しますと、アベノミクスによる金融緩和によって、価格の上昇は顕著です。金融緩和によって金利が低下したことで、不動産に資金が集まるという予測がなされましたし、またインフレによって価格が上昇すると期待されたのです。この傾向は、今のところはまだ続いていますから、しばらくの間は価格が上昇すると考えられますが、供給過多も指摘されていますから、頭打ちになる可能性も否定できません。また、金利上昇が行われれば急落する可能性も秘めています。